児童向け英会話講師とはどのようなお仕事か

私は1つの教室で責任者として働く形式の児童向け英会話講師をさせて頂きました。
ホームティーチャーの教室版です。

 

私の会社は特に資格を取るように強制されることがなかったですが、興味があれば自由に取ることができました。
私は留学の時に小学校英語指導者資格のJ-shineという資格を取りこれがこのお仕事に大変役立ちました。
この資格を取るための勉強で英会話の発音指導や授業計画案など指導者としての基礎が学べますし、何よりも興味がある分野なので勉強自体がとても楽しかったです。
授業以外にも学校に行き見学をしたり実習する時間もあります。
私は海外だったので海外の小学校での見学でしたがそれぞれの先生が個性がありどれも素晴らしかったです。
また実習では英語を母語とする生徒たちに日本語や折り紙を教える時間もありたくさん交流ができました。
この児童英語の資格を取る時は日本も良いですが、機会があれば海外で受けることをお勧めします。
ただ、この資格は数年に一度更新がありレポートを書くのが大変です。

 

児童向け英会話講師のやりがい

やりがいの1つ目は、やはり子供たちが楽しいと言ってくれたりその保護者様から信頼され英語力アップの相談をされたり喜ばられたりすることでしょう。
英検の二次試験で発音が良いことを褒められたり、二次試験がとても簡単に感じられたなど日頃のレッスンの成果を実感してくれて感謝された時とても嬉しいですしこれからもさらに頑張ろうという気になります。

 

2つ目はレッスン研修です。
研修は長時間になることもあり、自分の指導スタイルにご指摘頂いたりととても頭を使いますが学ぶことが凄く多いのでやりがいを感じます。
英会話講師なので自分の発音のクセを指摘されるととても勉強になります。
またその発音の指導方法がさらに生徒の為にも自分のためにもなります。
研修で他の先生やネイティブスピーカーの先生と交流ができ良い刺激をもらえます。
仲間がいることで大変な研修も頑張ることができました。

 

3つ目は英語嫌いな生徒を変えてあげることができたと実感する時です。
英会話教室は日本の英語教育がどんどん変わり絶対に必要な科目となってきたことで保護者が子どもの好き嫌いに関わらず通わせていることもあります。
ですから教える生徒の全てが英語が大好きで通っていることはなかなかありませんでした。
英語に興味がなく授業に参加したがらない生徒をどうやってやる気にさせるかは講師の永遠の課題なのかもしれません。
ですがそんな生徒たちを心から可愛がり愛情を持って指導する事が解決へ導きます。
例えば授業の中でその子が興味のあるテーマに基づいたゲームをすることです。
これは保護者様から情報を得ることで考えることができます。
決まった授業も大事ですがその子に合わせたレッスンプランを加えていくのも講師の仕事です。
また、直接ではなく間接的にその子を褒めるのも効果的です。
お友達や保護者様や少し離れた人にその子の素晴らしさを伝えることは効果が期待できます。
このように私たち英会話講師は授業の質を高めることはもちろんですが、それ以外にも生徒の心のケアや保護者様の不安や疑問にも寄り添う事も必要です。
これも講師の大事なお仕事であり、色々なことに結びつきます。

 

児童向け英会話講師の面倒なこと

面倒なことの1つ目は営業業務です。
英会話講師はレッスン以外にも生徒を増やす為の営業が必要です。
英語が好きでそれを生徒に教えたいという気持ちでこのお仕事を選ぶ方が多いので、この営業のお仕事がやはり面倒に感じてしまうところだと思います。
具体的には通われている生徒さんのご兄弟への勧誘を直接ご家庭にお電話してお勧めしたりお手紙を書いたりします。
お電話は勧誘を嫌がる方が多いのでかけるこちらが心を鬼にしてかけなければならないところがあります。
何か嫌なことを言われてその度に傷ついているとこのお仕事がもたないので仕方ないという気持ちで営業をするとその後の楽しいレッスンに響かないですみます。
また、毎月通っている生徒人数や獲得人数、退会人数などの数値を会社に報告しないといけないのも少し手間のかかるところです。
英会話教室によってはこの生徒人数がお給料に反映されるところもあります。
私の会社は反映されるところで1クラスの人数が何人以上ならそのレッスンの時給はいくらというように決まっていました。
最初はそれは難しいと思いましたが教える生徒の人数が低ければ低いほど人数が増えると1人で教えるのがとても大変だということを実感しました。
先生のコントロール力が問われるので毎回のレッスン後はとても体力が奪われました。
ですから人数によって時給が変わるのも納得できました。

 

2つ目は大変な事ですが決められたレッスンをまるまる暗記をすることです。
英会話講師は英文法講師とは違いレッスン中は常に喋り体を動かしています。
ですからレッスンプランを確認する時間はほとんどなく、予習がとても大切になってきます。
レッスンが始まる前にそのレッスンプランをしっかり暗記し体も動かしながら練習をする必要があります。
そうしないとレッスンで何も見ずそのままの内容を伝えるのは難しいです。
英会話講師は役者です。
そのレッスンのメインでありその講師のショーのような物です。
生徒を喜ばせて楽しませられるように日々練習が必要です。

 

3つ目はお給料に関することで、その会社の規模にもよりますが講師のお給料が授業のみに支払われることが多くあります。
例えば講師は授業前に膨大な時間を使い準備をします。
教材を作成することも沢山あります。
この作業をするのは教室だったり自宅だったりしますがこの間のお給料は出ないことが多いです。
さらに会社によりますが研修費は出ずその会場に行く交通費も自腹のことも多いです。
研修はしてもらう側なので出ないところが多いかもしれません。
働く前にその会社のお給料システムも確認することをお勧めします。

 

大変なことも沢山ありましたが、好きな英語を教えられることができる喜びの方が大きいので楽しく英会話講師として働くことができると思います。
ぜひ素敵な先生を目指して頑張ってください。